So-net無料ブログ作成
検索選択

舛添新党「交付金目当て」改革ク内から反発(読売新聞)

 舛添要一・前厚生労働相が党首となって作る新党が、既成政党の「改革クラブ」を母体とする手法をとることに対し22日、同党内から異論が出た。

 「改革クラブに交付された政党交付金目当てだ」と激しく反発し、離党者が出るなど、混乱が生じている。

 反発を招いた主な原因は、国から交付される政党交付金の扱いだ。舛添氏らがいったん改革クラブに入党し名称変更するのは、同クラブの持つ政党交付金の受け取り資格をそのまま受け継ぐ狙いがあると見られる。関係者は「政党交付金は、舛添氏を引き込むための餌だった」と指摘する。

 政党交付金は政党助成法に基づき、1月1日現在で国会議員が5人以上いるなどの要件を満たした政党が対象で、1年分の額を年4回に分けて交付される。改革クラブには今年分の1回目として、20日に年額の4分の1に当たる3010万8500円が交付された。

 今回の改革クラブのように、政党が解散せず、そのまま存続しながら新たに国会議員が加入した場合は、引き続き交付金が交付される仕組みだ。

 22日の改革クラブの両院議員総会では、政党交付金について、23日に各支部に配ることの了承を求められた大江康弘参院議員が、「信用できない。23日の記者会見を見て判断する。政党交付金目当てではないか」などと強く反発し、同意には至らなかった。

「まんとくん」フレーム写真が人気 平城宮跡4万人近い来場(産経新聞)
自立支援法訴訟 東京地裁でも和解成立 一連の14件終結(毎日新聞)
共同通信職員を傷害容疑で逮捕 駅員に暴行(産経新聞)
もんじゅ運転再開へ 福井県知事 月内に了承(産経新聞)
普天間現行案「前政権の話」=小沢氏(時事通信)

介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機(医療介護CBニュース)

 介護保険貸与品目に認定されている「可搬型階段昇降機」の使用中の事故が、昨年一年間で3件発生していたことが、メーカーなど関係者で組織する可搬型階段昇降機安全推進連絡会の4 月14日までの調査で明らかになった。いずれも一定のトレーニングを受けたヘルパーの操作中に発生していることから、同連絡会では昇降機の操作者のトレー二ングを担当する安全指導員に対し、指導上の留意点を通知するなどの対策を講じた。

 可搬型階段昇降機は、階段における要介護者の移動を手助けする福祉用具。介助者の腰痛を予防する効果もあるため、昨年4月に福祉用具としては初めて介護保険貸与品目に認定された。

 ただ、操作を誤ると転倒・転落事故に直結するため、保険適用を受けるには、昇降機を使用する家族やヘルパーが、業界団体が実施する講習を修了した安全指導員から一定の講習を受けなければならない。

 ところが、保険適用された昨年4月以降、使用中に3件の事故が発生。中には全治1か月の打撲を負った利用者もいた上、利用者だけでなく操作者が負傷した例もあった。同連絡会によれば、いずれのケースでも、安全指導員から指導を受けたヘルパーが操作に当たっていたという。

 事故の発生を受け、同連絡会では安全指導員に対し、▽操作に慣れていない場合は、直前に操作練習を行った上で使用する▽集合住宅など階段幅が狭い場所で他の人が接近してきた場合、昇降を一時中断する―の2点についても留意して指導するよう通知。特に自らの指導力や知識に十分な自信がない指導員に対しては、改めて補講を受けるよう呼び掛けた。各メーカーも、昇降機に転倒・転落防止のための安全装置を設置するなどの対策に乗り出している。


【関連記事】
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト

個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
大丈夫? 運動も勉強も「何もしない」高校生多数(産経新聞)
普天間、強気で対米交渉を=国民新・亀井氏(時事通信)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)

 参院本会議は14日午前、殺人罪などの公訴時効の撤廃を盛り込んだ刑法と刑事訴訟法の改正案を、与党と自民、公明両党などの賛成多数で可決した。参院先議の同改正案は衆院に送付されて16日に審議入りし、早ければ今月中に可決、成立し、5月の大型連休明けにも施行される見通しとなった。

 同改正案は、強盗殺人や殺人など最高刑が死刑に当たる犯罪に時効(現行25年)を撤廃する。また、最高刑が無期懲役・禁固の強姦致死罪などは現行15年を2倍の30年に、有期刑の上限である20年の懲役・禁固の傷害致死罪などは10年を20年にそれぞれ延長される。

 改正法施行時に時効が成立していない過去に未解決事件にも、時効廃止や期間延長が適用される。

 これまでの審議の中では、捜査の長期化や事件発生から長い時間を経ることで、証拠の散逸や記憶が不確かな状態での関係者証言など、冤罪(えんざい)を生みかねない状況への懸念が指摘された。

 同改正案は犯罪被害者の遺族感情に配慮し、旧自公政権時代に法務省がまとめた内容に沿っている。民主党内は、事件ごとに判断して時効を中断する案を昨年の衆院選前の政策集に掲げており、党内には今回の改正案には疑問の声も残っている。

【関連記事】
警察庁長官銃撃事件「時効成立」で不起訴 東京地検
池袋・立教大生殺害に公的懸賞金を適用 警察庁
上戸彩、女優魂で初の刑事役に奮闘中
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
眞鍋かをり「裁判の中でバッチリやります」
外国人地方参政権問題に一石

同居の男を傷害容疑で逮捕=1歳男児変死、虐待認める−大阪府警(時事通信)
佐世保の警官刺傷、指名手配の男が出頭し逮捕(読売新聞)
<太陽光発電>リニア跡地利用し実験場 宮崎に施設が完成(毎日新聞)
医療機関の倒産、過去最悪の45件−昨年度(医療介護CBニュース)
行列「9時間待ち」!あのドーナツが名古屋進出(産経新聞)

ガムのシミNO! 豊島で運始(産経新聞)

 東京豊島区は4月から、路上にポイ捨てされたガムのかみカスを、地域と連携しながら除去する清掃活動をスタートさせた。

 区は地域のボランティア団体などへガム取り専用機材の貸し出しを開始。すでに一部の商店会から依頼が寄せられている。また、シルバー人材センターに委託したガムはがし作業が19日から始まる。

 ガムのポイ捨ては区条例で禁止されているものの、一向に減らない。区は「道路の黒いシミの大半はガムだと多くの人に知ってほしい」と話している。

【関連記事】
エキナカに3Dシアター JCOMがイベント
変わる百貨店の物産展 ネット通販と連携、格安弁当も
西武池袋本店 化粧品ゾーンがブランド横断型に
目白駅架線トラブル 原因はケーブル留め具の取り付けミス
まるで異国?! 定住化進む池袋チャイナタウン
「中国内陸部の資源事情とは…?」

財務副大臣「あれもこれもは…」公約の修正示唆(読売新聞)
「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑−名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
学力テスト入札で文科省、見積書を「丸のみ」(読売新聞)
<新党>「たちあがれ日本」多難な船出か…10日発足(毎日新聞)
<車転落>百貨店4階から、男性2人心肺停止 大阪・八尾(毎日新聞)

【話の肖像画】KYバンザイ!(下)医師・鎌田實(産経新聞)

 ■娘の「キライ」で人生作り直し

 −−著書のタイトル「がんばらない」は流行語にもなりましたね

 鎌田 あの本は、20世紀最後の年である2000年9月に出したのです。20世紀は「がんばる世紀」で、ボク自身もがんばった。でも人間は両方のリズムが必要なんです。「がんばる」ときも「がんばらない」ときも…。例えば会社でずっと張りつめた気持ちでいて、家でもそうだったらイヤでしょう。がん患者だって、リラックスすると副交感神経が活発になり、リンパ球が増えて免疫機能が高まることがあるのです。

 −−鎌田先生も48歳のとき、「がんばり」過ぎて、パニック障害になりかけた

 鎌田 39歳で(諏訪中央病院の)院長になり、“ええカッコしい”だから、高度な医療も救急医療も、地域での温かい医療も全部やって、病院経営も黒字に…と難しい課題に向かって全力疾走を続けてきました。それが突然、おかしくなった。冷や汗が出て震えが止まらず、往診先で車から降りられないようになってしまったのです。ボクはハングリーだし、「強い人間だ」と思っていたけど、気づかないうちに体が“制度疲労”を起こしていたんですね。

 −−夜も寝られなくなり、ついに奥さんにSOS…

 鎌田 24時間、いつでも飛び出せるよう妻とは寝室を別にしていましたが、ある日、とうとう夜明けまで眠れず、彼女のベッドにもぐり込んだのです。妻は震えるボクの体をしっかりと抱きしめてくれました。これでどれほど安心できたことか。

 −−同じころですか、高校生の娘さんに「お父さんキライ」って言われたのは

 鎌田 やはり忙しすぎて家族と一緒に過ごす時間がなかったのが原因でしたが、面と向かって言われたのはショックでしたね。ボクは娘のことを愛していたし、息子の10倍はかわいがっていたつもりでしたからね(苦笑)。

 でも、言われないで疎遠になってしまうより、はっきりと言われて良かったと思います。それから娘との関係をつくり直しました。一緒に本を読んだり、映画に行ったり…いまではすごく仲よし。ボクの生き方も、これをきっかけに変わったと思います。

 −−家族全員から名前(ミノ君)で呼ばれているそうですね

 鎌田 孫もボクのことをそう呼ぶ。妻に言わせれば、昔のボクは病院経営など、難しい問題になると「怖かった」けれど、いまは芯から優しくなった。孫がそう呼べるのが何よりの証拠ですよ、って。(喜多由浩)

<京浜東北線>工事男性が感電?…電車に遅れ、2万人に影響(毎日新聞)
大阪府立高教頭を現行犯逮捕=自宅に大麻所持容疑−奈良県警(時事通信)
<わいせつ行為>国交省係長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
国分寺の路上に遺体 殺害容疑で6人再逮捕(産経新聞)
JR福知山線脱線事故の被害者ら「空色の栞」作製 安全願い6千枚配布(産経新聞)

<福岡性的暴行>英会話学校の米国人経営者を起訴(毎日新聞)

 福岡地検は25日、福岡県内で英会話学校を経営する米国人、ランプ・アラン・ニール容疑者(69)を、教え子だった小学生の女児に対する性的暴行の罪で起訴した。

 県警は1月、別の女児にわいせつな行為をしたとして、被告を児童福祉法違反容疑で逮捕(処分保留)し、家宅捜索でわいせつな行為を撮影したビデオテープ600本以上を押収。2月に児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑で再逮捕=同罪で起訴=し、さらに今月、性的暴行の疑いで逮捕していた。

 県警は数十人が性的被害に遭ったとみて余罪を追及している。現在のところ、映像の外部への流出は確認されていないという。【江田将宏】

【関連ニュース
性的暴行:知的障害の少女被害、損害賠償を増額 東京高裁
児童ポルノ:定義の厳格化求める 日弁連が意見書
性的暴行容疑:逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書
裁判員裁判:集団強姦罪の男に無期懲役 地裁立川支部判決
不起訴:元Jリーガーを東京地検 告訴取り下げなどで

後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強−厚労省調査(時事通信)
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ−警察庁(時事通信)
引きずり20キロ、元運転手に一部無罪=走行車線で停車、追突受け発進−常磐道事故(時事通信)
郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」(J-CASTニュース)
投資家の夢乗せた“お宝沈没船”ファンド座礁 業務停止命令で事業の行方は?(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。