So-net無料ブログ作成
検索選択

トラックと正面衝突、3人死亡=農園に出勤途中−脇見運転の36歳逮捕・広島県警(時事通信)

 23日午前7時25分ごろ、広島県世羅町安田の坂本弘明さん(51)ら3人を乗せた軽自動車がセンターラインを越えて来た10トントラックと正面衝突、坂本さんら3人が死亡した。県警世羅署は自動車運転過失致傷容疑で、福山市駅家町弥生ケ丘、トラック運転手青山和雄容疑者(36)を現行犯逮捕した。
 同署によると、青山容疑者は「脇見をした」と話しているという。
 死亡したのは坂本さんのほか、世羅町本郷、大霜邦子さん(58)、同町西上原、高橋愛子さん(56)。3人は搬送先の病院で死亡が確認された。3人は同じ農園で勤務しており、出勤途中だったという。同署は自動車運転過失致死容疑に切り替え、調べる方針。 

【関連ニュース
摂南大生ら7人死傷=米子自動車道で正面衝突
雪でスリップ、対向車に正面衝突=後部座席の母子死亡
ひき逃げ容疑で運転手逮捕=トラックで、63歳男性死亡
東北道で27台絡む多重事故=吹雪影響か、5人軽傷
91歳男性の車、首都高逆走=正面衝突し4人死傷

長崎知事選 与党談話(産経新聞)
<盗撮容疑>警視庁の巡査長を書類送検(毎日新聞)
陸山会事件、「小沢氏の説明不十分」専門家指摘(読売新聞)
<五輪スピード>高木美帆選手を同級生ら地元で声援(毎日新聞)
自民、きょう国会審議復帰へ…世論の批判に配慮(読売新聞)

<殺人未遂容疑>「介護に疲れ」母を 48歳逮捕(毎日新聞)

 20日午後1時10分ごろ、東京都江戸川区西篠崎1、都立病院事務職員、石田善仁容疑者(48)から「自宅で母を殺した」と110番があった。駆け付けた警視庁小岩署員が1階居間の布団の上で倒れている母のセツ子さん(72)を見つけた。石田容疑者が首を絞めたことを認めたため、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。セツ子さんは病院に運ばれたが死亡し、同署は殺人容疑に切り替え調べる。石田容疑者は「介護に疲れた」と供述しているという。

 逮捕容疑は、同日午後0時半ごろ、居間でセツ子さんの首をネクタイで絞めて殺害しようとしたとしている。石田容疑者は長男でセツ子さんと2人暮らしで、05年からうつ病で通院し、現在は自宅療養。【山本太一】

検疫などインフル対策を検証へ=政府本部、厚労省(時事通信)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
架空債権36億円詐取容疑、消費者金融元社長ら逮捕 流動化取引悪用で初立件(産経新聞)
80代姉妹 焼身自殺か 大東 地代滞納「近く引っ越し」(産経新聞)
<盗撮>NHK職員逮捕 「自分を抑えられなかった」(毎日新聞)

押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)

 東京練馬区のアパート2階の関口裕之さん(24)方から出火し、幼児2人が死亡した火災で、焼け方が激しかった押し入れ付近から約5個のライターが見つかったことが18日、警視庁光が丘署への取材で分かった。

 妻の美穂さん(24)が出火直後、「子供がライターで火遊びをしていたかもしれない」と周囲に説明しており、同署は幼児らの火遊びが原因の可能性もあるとみている。

 火災は17日午後6時ごろに発生し、焼け跡から長男の大毅ちゃん(3)、長女の心愛(ここな)ちゃん(2)の遺体が見つかった。

【関連記事】
2児死亡の練馬でまた建物火災、1人重体
母親「まだ中に子供が…」 練馬区のアパート火災
3人死亡の放火罪、男性に無罪判決「供述に信頼置けぬ」
印小学校の寄宿舎火災、生徒14人死亡
住宅火災で2人死亡 夫婦か? 埼玉・越生町

IT株巡るインサイダー取引、生保元社員ら認める(読売新聞)
爆発物探知機 アキバで実験 所要時間3秒、高感度(産経新聞)
<火災>マンション1室焼き4人死傷 仙台(毎日新聞)
長野新幹線、ブレーキ異常で運休 900人に影響(産経新聞)
裁判員裁判 初の死刑判断も 2人殺害 被告、強盗目的は否定(産経新聞)

エチオピア産「モカ」販売再開 メーカー3社が一般家庭向けに(J-CASTニュース)

 基準値を超える残留農薬が見つかり、販売を休止していたエチオピア産コーヒー豆「モカ」の家庭用レギュラーコーヒーが、大手メーカーから相次いで売り出される。独特なフルーティな香りに惹かれる愛好家が多く、販売再開を願う声がたくさん寄せられたため、各社はチェック体制を厳しくし、発売にこぎ着けた。

 2008年4月にエチオピア産コーヒー生豆から基準値を超える残留農薬が検出され、厚生労働省は5月、輸入業者に従来のサンプル調査から全品検査に切り替えるよう発令した。07年に8948トンだったエチオピア豆の輸入量は08年が2756トンになり、09年には448トンに激減。国内に出回っているモカの98%がエチオピア産で、「モカが飲めなくなる」と騒ぎになった。

■生豆輸入から焙煎加工まで4段階の残留農薬検査

 大手メーカーは残留農薬のチェック体制を厳しくするなどして、ようやくモカコーヒーの販売再開にこぎ着けた。

 UCCは08年7月中旬にモカコーヒーの販売を休止したが、安全な豆を安定して供給することが可能になり、家庭用レギュラーコーヒー2品を09年9月に発売した。生豆の輸入から自社工場での焙煎加工までの工程で4段階の残留農薬検査を実施している。

 広報担当者は、

  「お客様から再開を求める声がたくさん寄せられたので、他社に先駆けて09年秋の再開を目指しました。チェック体制が従来の3工程から4工程に増えた分、コストもかかっていますが企業努力で補っています」

と話している。

 売れ行きは好調で、10年3月1日に5アイテムを追加発売する。

 味の素ゼネラルフーヅ(AGF)も2月19日にモカ入りの家庭用レギュラーコーヒー3品を売り出す。現地での残留農薬検査の回数を2回に増やした。広報担当者は、

  「モカは歴史の古い豆で、愛好家が多く、わずかですが出していこうと再開を決めました」

といっている。

 キーコーヒーも10年3月1日、家庭用レギュラーコーヒー「モカブレンド」シリーズから3品を発売する。

■「業務用はどうなるかまったくわかりません」

 家庭用のモカコーヒーが相次いで売り出されるが、「完全復活」にはほど遠いようだ。全日本コーヒー協会は現地で調査を行い、豆を入れる麻袋が高濃度の農薬で汚染されていたことを突き止めたが、どこで農薬がついたのかはわからないままで、厚労省の全品検査も解かれていない。

 全日本コーヒー協会の担当者は、

  「輸入業者が何度もチェックしなければならず、かなりのコストがかかっています。業務用はどうなるかまったくわかりません」

といっている。

 一方、エチオピア産生豆の残留農薬が問題になっているのは日本だけで、基準が厳しいという見方もある。例えばコーヒー豆におけるリンデンの残留基準は0.002ppm以下と定められているが、キュウリやトマトの場合は2ppm以下だ。「生で食べる野菜の方が規制が緩いのはおかしい」という意見が業界関係者から上がっている。


■関連記事
「毒ギョーザに比べればたいしたことない」 太田農水相発言にネットで怒り爆発 : 2008/09/12
毒餃子でHP一文こっそり削除 「思慮が足りなかった」JT : 2008/02/01
中国産食品、実は「結構安全」??  残留農薬、米国のほうがひどい : 2007/09/17
風味鑑定士が手がけたコーヒー2種 : 2010/01/12
沢尻エリカがハワイで植樹 そのコーヒーのお味 : 2009/01/26

全日空、点検不備で6便欠航(産経新聞)
五輪フィギュア 高橋選手の母校で後輩ら応援 岡山(毎日新聞)
「パチンコ必勝法教える」と詐欺容疑=全国で被害5000万円か−茨城県警(時事通信)
新宿の飲食店で異臭?騒ぎ 女性6人が不調訴え(産経新聞)
民主党の民主化は進むか(産経新聞)

練馬で火災、2幼児死亡 「中に子供が」泣き叫ぶ母親(産経新聞)

 「まだ中に子供が2人いる」。黒煙が噴き出す玄関から、生後間もない男児を抱えて飛び出してきた関口美穂さんは泣き叫んだ。幼児2人の命を奪った東京都練馬区のアパート火災。パジャマ姿ではだしの美穂さんは、同じ階に住む介護ヘルパー、堀切雅子さん(66)に男児を預け、再び中に戻ろうとした。周囲の人が「危ないっ」と必死に止めたという。

 堀切さんの夫、芳樹さん(62)が消火器を手に入ろうとしたが、「煙がすごくて全然ダメだった」。

 近所に住む女性(28)は「ママが子供たちを連れて楽しそうに買い物に行くのを見た」と話す。大毅ちゃん、心愛ちゃんは人懐こく、ベランダ越しに笑いながら手を振ってくれたこともあった。女性は「こんなことになるなんて本当にかわいそう」と肩を落とした。

死体遺棄 冷凍の乳児2遺体 愛知のスーパー(毎日新聞)
<殺人>男性刺殺される…知人の男から聴取 青森県警(毎日新聞)
経産省、オバマ流でIT政策への意見募集(読売新聞)
トカラ列島で震度3(時事通信)
小林議員側違法選挙費 原資の一部、主任手当か 北教組 30年で55億円プール(産経新聞)

宗教法人代表を起訴=女性信者に乱暴−水戸地検(時事通信)

 宗教法人代表が信者の女性に乱暴した事件で、水戸地検は17日、準強姦(ごうかん)の罪で、「小牧者訓練会」代表で「国際福音キリスト教会」の主任牧師、卞在昌容疑者(61)を起訴した。
 起訴状によると、卞容疑者は、2007年2月17日、茨城つくば市の教会内で、信者の女性に「神に背いて悲惨な人生を歩まないためには指示に従うしかない」と信じ込ませ、抵抗できない状態に陥らせて乱暴したとされる。 

【関連ニュース
殺人の時効撤廃=政府、刑訴法改正案提出へ
強姦致傷罪で男に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判
わいせつ殺人で無期懲役=裁判員「市民として納得」
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判
殺人の時効撤廃へ=「完成前なら遡及」明記

<普天間移設>シュワブ陸上部、国民新党が提案へ(毎日新聞)
「三百代言」のそしり、免れないのはどちら(読売新聞)
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待−名古屋大(時事通信)
理学部入試で出題ミス=立教大(時事通信)
放火罪の被告に無罪…大阪・西成の3人死亡火災(読売新聞)

「消費税増税」明記せず 自民の経済政策の対案(産経新聞)

 自民党は16日、政府・与党の経済政策への対案をまとめた。社会保障費の安定的財源の確保を目的とした消費税率引き上げは、党内に異論や反発の声が収まらなかったため明記を避け、「歳入措置の検討が必須」という表現にとどめた。

 平成22年度予算案では、政府案(総額92兆円)から民主党が盛り込んだ子ども手当や高速道路無料化などを中止し、社会保障や雇用対策、農林水産業振興の「安心成長重点枠」(1.3兆円)に配分することで、必要額を89兆5千億円へ圧縮した。また、今秋には追加経済対策を打ち出すべきだとした。膨らむ国債発行残高に歯止めをかけるため、財政再建の道筋を示す「財政責任法」の制定も提起した。

 対案をもとに政府案の修正を求めていく。対案をまとめた党経済政策調査会の村上誠一郎事務局長は16日の記者会見で、消費税への対応は党執行部の判断に委ねると強調した。

【関連記事】
原口総務相「消費税ありきの議論に立たず」 経済対策を優先
菅財務相、消費税論議の封印を改めて否定
“羅針盤”なき財政運営、遭難寸前 消費税、子ども手当で錯綜
首相、公務員法改正案「やる気ない公務員は厳しい」
消費税4年凍結を改めて強調 鳩山首相、前のめり論議に歯止め

官邸に銃弾入り郵便物か(時事通信)
地元産和牛の脂を活用したせっけん 佐賀市の精肉店(産経新聞)
小沢氏訪米までに普天間解決を=細野氏(時事通信)
<普天間移設>共産党書記局長が与党議員のグアム視察を批判(毎日新聞)
<オーロラ>極寒の空彩る マッキンリー山(毎日新聞)

山内衆院議員の元秘書逮捕=3千万円詐取容疑−警視庁(時事通信)

 会社役員から3000万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課などは18日、詐欺容疑で、みんなの党の山内康一衆院議員(比例北関東ブロック)の元秘書神武幸容疑者(48)を逮捕した。
 同課はほかにも金を詐取した疑いがあるとみて調べる
 同容疑者をめぐっては、別の男性も4000万円の返還を求める訴訟を起こし、2009年1月に警視庁に同容疑で告訴している。
 元秘書は山内議員が自民党から初当選した後の05年11月に採用され、政治資金の管理などを担当したが、08年9月に辞職した。 

【関連ニュース
リフォーム代名目で1500万詐取か=容疑で43歳男逮捕
エビ養殖詐欺、元幹部に無罪=「故意認められず」
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる
「表に出せない金、記載せず」=民主・小林氏資金団体の会計担当者

対北朝鮮、連携強化=外相、韓国大統領と会談(時事通信)
【from Editor】骨折で済むうちはまだいい(産経新聞)
ガソリン盗容疑で少年ら逮捕 「金はないけどドライブしたい」 警視庁(産経新聞)
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け−「負担を考慮」・大阪地裁(時事通信)
<個所付け>要望反映190路線 県連向け資料公表(毎日新聞)

レンチで脅した商店強盗、菓子投げられ退散(読売新聞)

 16日午後3時5分頃、秋田県大館市比内町笹館の雑貨店「堀口商店」で、客を装った男がレジ前でいきなりL字レンチ(長さ約30センチ)を振り上げ、「金を出せねば、たたくぞ」と脅したが、店主の堀口キヨヱさん(77)から「じぇんこ(お金)いらねがら、持ってけ」とチョコレート菓子たばこが入った袋を投げつけられると、驚き、急いで袋を拾って逃走した。

 約5時間後、駆けつけた大館署員が市内の駐車場で男を発見、強盗容疑で緊急逮捕した。逮捕されたのは、大館市比内町谷地中、無職田中健容疑者(36)。

 田中容疑者は10日ほど前に初来店し、紙幣を提示しないまま「両替してくれ」と依頼。不審に思った堀口さんが無視すると、無言で店を出た。また、15日にもレジに菓子を並べたまま、金を払わずに出ていくなど、不審な行動を繰り返していたという。

街頭ビラ配布で国庫負担肩代わり反対訴え―健保連(医療介護CBニュース)
医療クラークの業務拡大「期待したい」(医療介護CBニュース)
ワサビの辛みで老化防止? =健康食品などに応用期待−中部大(時事通信)
医薬品行政の「現場の生の声」、アンケート結果を公表―厚労省検討委(医療介護CBニュース)
SHIHO流「やせトレ」 DVDブック発売(産経新聞)

<普天間移設>基地問題検討委の開催延期申し入れ 与党3党(毎日新聞)

 民主、社民、国民新の与党3党は16日午前の国対委員長会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を協議する政府・与党「沖縄基地問題検討委員会」(委員長・平野博文官房長官)の17日開催を延期するよう平野氏に申し入れることを決めた。

 検討委では17日に社国両党が移設先の候補地を提示する予定だが、国対委員長会談では「与党内の調整が付いていない」として延期を求めることで一致した。

【関連ニュース
普天間移設:「5月末」なら県内移設が軸 国民新・下地氏
普天間移設:沖縄県連も提案へ 民主議員が意向
米民主党上院議員:普天間移設の解決策「たくさんある」
普天間移設:福島党首「陸上案」に反対
普天間移設:結論5月まで 外相がウェッブ氏に説明

日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨(産経新聞)
【社説検証】日中歴史共同研究 産経「成果期待できぬ」 朝・毎は「評価したい」(産経新聞)
<産地偽装>青森産豚肉と偽り納入の疑い 八戸の業者逮捕(毎日新聞)
羽毛田長官「様子見たい」 陛下の「夜のご執務」で (産経新聞)
<鳩山邦夫氏>首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。